ジルコニア(高強度セラミック)治療を進める理由

ジルコニア、セラミック

ジルコニア治療とは

金属を使わないで治療するということです。

今までは金属を使って治すケースが多くありましたが、近年、コンポジットレジンや接着技術の向上、セラミックの物性の改善などにより金属を使わずに詰めたり、かぶせたりすることが可能となっています。

お口の中の金属が気になる方、審美的な向上をお考えの方へ

銀歯は保険が効いて、お金の負担が軽いということだけです。いまだけを考えたら、たしかに銀歯でいいのです。
でも、少しでも長く、自分の歯で生活したいという方には、断然セラミックをおすすめします。

セラミックをおすすめする理由

虫歯治療の際には、詰めもの、被せものとして、「銀歯」か「セラミック」を選んでいただくことができます。

銀歯とセラミックの違いは?

一言でいいますと、
歯を守れる確率がまったく違う!ということになります。
セラミックの方が銀歯より自分の歯を守れる確率が断然高いのです。
なぜでしょう?

それは、セラミックと銀歯の3つの違いから生まれます。

表面の違い

銀歯はでこぼこ、セラミックはつるつる。
虫歯の原因となるプラークがつきにくい。
銀歯とジルコニアでは2次虫歯になる確率が約20%変わります。
これは歳を重ねていくにつれて抜け落ちる歯の本数を減らすことに繋がります。

すき間の違い

銀歯はすき間、セラミックはぴったり。根元から虫歯菌が入りにくい。
銀歯は熱や口腔内の圧力、唾液による溶解で隙間ができやすく、溶け出すことで金属アレルギーの恐れも増えます。
ジルコニア(セラミック)は生体親和性も高く、人工関節などに使われる素材です。
また、スペースシャトルの外壁に使われるほどの耐久耐熱性が優れています。

セラミックの種類

ジルコニアセラミッククラウン ジルコニアフレームに、手でセラミックを盛り、天撚歯に近い歯を作り上げます。最高級のジルコニアです。 セラミックのみで制作されている究極の審美材料です。
ジルコニアフレームに、セラミックをプレスして作成します。手盛りセラミックで生まれる内部からの色合いの再現は難しいですが、色合いは自然歯に近くなります。 主に前歯に用いています。
オールジルコニアクラウン 全てジルコニアで製作するかぶせものです。
エナメル質にあたる部分がないため、ジルコニア自体の色合いだけの表現となり透明感が少ないデメリットがあります。主に臼歯部に適応となります。
オールセラミックス 100%セミラックを使用したもの。
陶器のような白い歯の色の再現性に優れ、見た目が美しく、変色しにくい。
ジルコニアを用いたものと比較すると強度的にやや劣ります。

ジルコニアの費用

ジルコニアは、1本:70,000~80,000円です

ジルコニア治療よくある質問Q&A

Q. ジルコニア治療は保険適用できますか?

ジルコニア治療については 保険の非適用です。詳しくは、お問い合わせ下さい。

Q. クレジットカードは使えますか?

当院は、10万円以上のお支払いからクレジットカードをご利用いただけます。