情報・臨時のお知らせ ‐TOPICS‐

歯を抜く(抜歯)ことは悪いこと?

良好な口腔内環境をつくるためには、
悪くなっている歯、虫歯でどうしても保存が困難な歯は抜歯すべきです。
当然、残すことのできる歯は保存します。

抜歯を拒否してきた事で、さらにお口の環境が悪化して、
回復困難になっている例が非常に多くなっています。

高齢社会の中、歯科医師も安全な抜歯を心掛ける必要がありますし、
また、患者さんも過去の抜歯の恐怖心を払拭する必要もあります。

「抜かない治療」などの宣伝に惑わされていることも要因かもしれません。
全例にそのような事が適応にならないからです。

抜歯の必要な歯に対する診断は、ほぼどの医院でも一緒です。
あとは安全に行えるか、そこが重要です。

歯ぐきに根っこ(歯根)だけが残ったままで、痛みに耐えている方、
抜歯は怖い、悪い治療・・、など誤解している方、
ご自身の将来を考え適切な処置を受けてください。

自費による良質な義歯を求める方に

当院では自費による義歯の作製も行っております。

最近、特に保険の義歯では満足出来ず、自費による義歯作製を希望される方が多く、
様々な形態に対応出来るよう心がけております。

金属床義歯、バネが見えないノンクラスプデンチャー、エステティックデンチャー等、
比較的短期間での作製も可能です。

また、インプラントを2本程用いて維持・安定を図る
「インプラント義歯」をおすすめしております。

快適な食事、生活の質の向上に向け是非ともご検討ください。

保険の義歯と比較すると、違和感、快適度が劇的にかわります。
個々で適否があります。費用、ご不明な点などお気軽にご相談ください。

歯の移植術 親知らずの移植について

ご自身の歯(親知らず)を別の部位に移植する治療法をご存じですか?
保険治療の一つです!!

適応がありますが、親知らずの手前の歯などが虫歯で抜歯せざるを得ない状況下、
抜歯して同時に不要となっている親知らずをそこに移植する治療法です。

多くの方がその治療法を知らず、認知されていない治療法です。
当然、適応、メリット・デメリットはありますが、
歯、かみ合わせを直す最終手段です。

奥歯に虫歯があり、親知らずが残っている場合は、抜歯前に一度ご相談ください。

介護施設の方へ 本当の口腔管理とは

介護事業施設の方、また入居者の方へ

最近は訪問歯科診療の普及により口腔の状態は大幅に改善されています。
一方で、お口全体を見る目がない診療により、多くの口腔疾患が見落とされており、
口腔のQOLが低下したままの高齢者が多いことも事実です。

虫歯、入れ歯の管理はもちろんのこと、お口の粘膜(頬、舌、歯肉など)にも目を向けてもらい
本当に苦痛な点はどこなのか、異常はないのか? など訪問歯科医師に問い合わせください。

口腔ケアとは、単なる清掃ではなく、話す・食べることをよりよくするための機能回復です。
訪問している歯科医師は、内科的知識の習得も必要となっています。

歯肉・顔の腫れ 急性症状の対応について

歯肉や頬、顎の下などに痛み、腫れがあり放置していると
その後大変な状態になることもあります。

日々の忙しさのあまり、当院でも症状が悪化してからの受診が非常に増えています。

ご自身の判断で鎮痛剤等で様子を見ずに、一度近医を受診した方が良いでしょう。
膿を出す処置、抗菌薬による治療等が必要になることもあります。

また、上記のような症状に対して対応・診断できない医院があることも事実です。
受診しているにも関わらず、数日で改善傾向が見られない、根本的な治療が
行われていない場合などは転院の必要もあるでしょう。

かかりつけ医と十分相談の上、専門医療機関への受診を検討してください。

高齢者向け口腔管理 お口の健康管理は出来ていますか?

最近、高齢者の方々の口腔管理状態不足による問題が数多く見られます。
抜歯すべき歯が残っていてそれに伴う痛み、腫れがあったり、
あっていない義歯を長年使用してお口の粘膜が傷だらけになっている方など。

抜歯を勧めない、出来ない歯科医師による治療が今になって問題となっています。
結局無理に残していた歯が炎症を起こし、食事摂取も出来ない状態で来院される方が
増えています。
今一度かかりつけ医にご相談ください。

口腔の健康管理は、食事摂取、会話、その他日常のQOL向上に必要な事項です。

ご家族の方を含め、お口の健康管理について考えてみてください。

杉並区 高齢者支援センター 講演概要

9月11日(木)に杉並区高齢者支援センターにて
「お口から健康を考える ―口腔ケアから口腔がんまで―」と題して
一般区民向けの講演会を行いました。

介護の需要がより一層高まる中、要介護状態への予防、そして要介護の状態悪化を
防ぐために口腔管理が重要となってきております。
「口腔清掃」から「摂食嚥下の機能訓練」に至るまで、口腔ケアの必要性が
益々重要視されています。

また、口腔疾患には単なる虫歯・歯周病のみならず、
「口腔がん」をはじめとする重篤な疾患・病態が存在することも理解しておく
必要があります。

国民の理解も含め、歯科医師内においてもまだまだ周知徹底されていないこともあり、
今後の課題の一つであると思われます。

がん治療 術前にお口の状態をチェックしましょう!

様々な部位のがん治療を行う前に口腔の管理をきちんと済ませておくことが重要です。

特に、抗がん剤(化学療法)や放射線治療を行う前には、歯はもちろんの事、歯肉や舌、粘膜など
清潔な状態にしておく必要があります。

それは、治療後に合併症として口内炎、口腔乾燥などが出現し、お口の状態を悪化させることが
あるからです。

そして、がん治療後には満足に経口摂取が出来なくなることもあり、
術前に良い状態を保っていることが重要です。

がん治療術前・術後の口腔管理でお困りのある方は、
是非一度お口の検診を受けてください。

歯科医師の役割は上記の事も含まれています。
決して「インプラント、虫歯予防、歯周病」だけではありませんので、
かかりつけ医にご相談を!

親知らず(智歯)の抜歯,予約・キャンセル料について

当院では原則、初診時での抜歯処置は行っておりませんので予めご了承ください。
(状態、時間により施行できる場合もあります。)
お電話にて御確認ください。

一度ご来院頂き精査した上で、日時を決定します。
これは、個々で歯の生え方・症状が違うためです。
つまり、他人の意見はほとんど参考にならないということです。
まずは、ご自身の状態・術後に考えられる症状などを御説明します。

また、抜歯予定の無断キャンセルは、後日キャンセル料【5000円】をご請求する場合もあります。
日程等、十分にご考慮の上、ご予約ください。

親知らずの抜歯などの口腔外科処置は平日18:00以降、および土曜日は行っておりません。急性の消炎処置は除きます。詳細な症状などお気軽に御相談ください。 また
当院では、難抜歯、口腔粘膜疾患など、口腔外科処置のみの御紹介も受け付けております。 紹介状持参の上、ご連絡ください。

小児の口腔・顔面外傷 歯やお口のけが 

子供の転倒事故による外傷ですが、受診する医院が見つからず時間が経ってからの
来院が増えています。

地域・自治体にも告知していますが、まだ十分に認知されておらず、
当院としても困惑しているところです。

学校保健指導の先生方にとっても対応に迷われている話も聞きます。

当院では積極的に啓発活動を行っております。

詳細・対応法などご説明(講演も含む)させて戴きますので、
ご不明な点等、問い合わせメールにて御連絡戴ければ幸いです。