人工透析中の歯科治療について

 

人工透析を受けている方は、「シャント」と言われる血液を透析機に送るために

腕の動脈と静脈をつなぎ合わせた部分が目詰まりしないよう、血液が固まりにくくなる薬を用いています。

そのため、出血しやすい状態になっており、歯肉からの出血も恐れて清掃を怠り、

むし歯や歯周病を進行させてしまうこともあります。

また、腎不全の原因として糖尿病や高血圧症を合併している場合は、

そのリスクがより増加します。

 

腎不全による人工透析中の方の歯科治療は、透析日以外の日程で

診療を行っています。

(例: 透析日が月・水・金の場合、主に火・木での治療計画となります。)

特に、抜歯などの外科的処置が必要な場合は術後の止血処置、抗菌薬の投与などを

十分に考慮して行う必要があります。

 

人工透析中の方で口腔内に不安のある方はご検討ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL