口腔ケア・歯科治療の重要性について

高齢者のワクチン接種も進み、医療機関への受診も増えています。

今まで受診制限をされていた方の状態悪化が顕著にみられます。

コロナウイルス感染対策のあまり、自身の口腔内の悪化を放置してしまうと言う

矛盾に至っております。我慢・放置はよくありません。

ご自身の健康にとって何が大切か再確認してみてください。

 

1.口腔ケア・歯科治療は、不要不急ですか?

歯の痛みや腫れ、入れ歯の不具合を放っておくと、歯を失ったり、

食事がとれずに体力や免疫力が低下します。

定期的な口腔ケア・管理は非常に重要です。

2.お口の健康は、様々なウイルス対策に有効

新型コロナウイルスは、鼻・咽頭粘膜や舌などの口腔粘膜で増殖します。

嗅覚や味覚に異常が出るのはそのためです。

 お口の健康管理は、感染対策に有効です。

今後さらなる感染拡大も懸念されています。その時に困ることのないよう、

今出来る治療をしっかり行っておく事が大切です。

 

3.お口の衰えは全身の衰え! 重症化の予防!

お口が乾燥しやすかったり、咳払いが増えた人は、口の機能が衰えています。

知らぬ間に誤嚥するようになり、肺炎の発症リスクが高まることで、

ウイルス感染した時に重症化しやすくなります。

 

4.歯科医院での院内感染は起きていません

マスメディアの根拠の無い報道により、一時歯科受診制限がおこりました。

現在、それによる口腔内環境の悪化が問題視されています。

歯科器具の滅菌・消毒、院内の飛沫感染対策は半世紀前から実践されています。

今回の新型コロナウイルスで歯科治療により患者さんへ感染したという報告は

 ありません。

すべての患者さんに、感染防止対策を行って診療に当たっております。

当院スタッフはワクチン接種完了しており、毎日健康チェックにて、

万全の体調で診療に従事しております。

患者さん、ご家族の方におかれましても、免疫が高まるような規則正しい

生活習慣を維持されますようお願いいたします。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL